1階部分を間取りから全てリフォーム(リノベーション)|広島県福山市

After

築26年の既存住宅の1階部分の間取りを全て変更し、広いキッチン、リビング、ダイニングスペースに。
床は土足でも可能な傷につよいフロアータイルで、まるでお店のようにお洒落な空間が完成しました。

お客様のご要望

・1階部分のすべての間取りの変更がしたい
・対面キッチンにしたい
・ダイニングとリビングのスペースを広くしたい
・テレビを壁掛けにしたい
・階段が古くなっているので綺麗にしたい

● リフォームご提案内容

26年前に建てられた既存住宅の1階部分を間取りから全てリフォームしたいとのご要望を頂きました。
床部分は木質系のではなくタイル張りをご希望されておりましたが、実際のタイルを利用すると施工期間、費用ともに大変大がかりになるため、フロアータイルをご提案いたしました。フロアータイルとは塩化ビニル製のタイル状の床材で、お店などでも使われている土足可能でキズにも強い事が特徴です。

また、元々はキッチンとリビングが壁で仕切られており、そこに太い柱があったのですが、家を支える柱であるため動かす事ができません。広いLDKにするために柱を動かす事なくいかに空間を取れるかを何度も図面に書き起こしご依頼主さまと打ち合わせを重ね納得がいただける空間作りをご提案させていただきました。

階段下の収納を利用して、壁にテレビをかけれるようにし、その下にビデオデッキとお掃除ロボットが格納できるように図面に書いて提案しました。

後々、テレビやビデオデッキを買い替えるときに配線工事が手軽にできるように施工しました。

トイレ部分のカウンターは奥行30㎝ですが、水を受けるボウルの形状を工夫し、手洗いの水がはねにくく・カウンター部分をより広く使えるように器具を選定しました。
手洗いの給水や排水の管を床ではなく奥の壁に向かって設置し、床部分に管がなくカウンター下の空間をより有効に使える設計です。 向かって左側の棚は、大きさはコンパクトですがカウンターと素材を合わせることで一体感と広がりを感じられるデザインをご提案いたしました。

トイレもリフォームするにあたり、最新のものに取り換えし、床と壁紙もすべで新しくしました。

2階へ続く階段は、強度はしっかりとあり表面だけが経年劣化していたので、3ミリ程度の

傷んできた床材は重ね張りをすることで架け替えに比べると安い費用できれいにすることが出来ます。

名前:S様
場所:広島県福山市
対象面積:1階 75.24㎡

before