店舗改修工事|広島県府中市

After

パティスリーパンセ様店舗

パティスリーパンセ様の内装完成

白基調の店内が木目調のクロスにする事でお洒落な店内にダイ大変身。

ここに色とりどりのケーキや焼き菓子が並んでいます。
ぜひお店を訪れて見てください!

【府中市の洋菓子店パティスリーパンセ様】
@patisseriepance
@pancemaruo
住 所:府中市府中町506-1
定休日:月曜日

お客様のご要望

天井の張り替え
床の張り替え
壁の張り替え
短期工事(1週間)

● リフォームご提案内容

元々白基調の店内でしたが、ガラリと雰囲気を変えたいとのことで、床、壁、天井を木目調のサンプルからお選び頂きました。
また、壁には絵画やお知らせなどを飾れるようにしっかりとピンが固定できるよう下地に合板を入れる事をご提案。
この場合「ベニヤ板・コンパネ・合板」と3種類から合板にしました。合板は安価ですが表面にざらつきがあるためその上に石膏ボードを貼りその上に新しい壁紙を貼る事で、クロスの持ちをよくなります。クロスは時間の経過とともにどうしても割れてきますが、この手段だと比較的長持ちします。
天井については、少し細かい話になりますが天井と壁の間に溝があり、その溝に沿って壁紙をはる必要があり、その場合時間も費用もかかるため、天井をその溝の位置まで下げる事で1週間での短期工事を可能にしました。

木目調店内

元々白基調の店内でしたが、ガラリと雰囲気を変えたいとのことで
住宅の天井クロスは白系を選ぶことが多いので、今回の内装コーディネートでは木目調の雰囲気が新鮮でした。

お施主様が選ばれたクロスやフロア材が、柔らかくてかわいらしいお店の雰囲気に合っています。見慣れるとあまり意識しないのですが井面は面積が大きいので壁紙を張り替えるだけで見違えるように印象が変わります。

ピンが固定しやすい壁

クロスは年月の経過とともにどうしても割れが生じてきます。いかに長持ちささせながら、店内装飾する際に固定しやすいかを考えて壁紙の土台となる「ベニヤ板・コンパネ・合板」の中から合板を選定しました。

底目形式

元々は天井に天井と壁の間に溝がありました。「底目地」というのですが、その溝に沿って壁紙を張り替える場合、時間と費用が掛かってしまいます。今回のご依頼は「1週間での短納期」だったため、天井位置を少しだけ下げる事で5日ほどの工事で完成しました。以前の店内と完成を見比べても天井が下がった事は気付かない程度なので閉塞感などは感じません。

名前:パティスリーパンセ様
場所:広島県府中市
年対象面積約: 45㎡

before

施工前パティスリーパンセ様

【府中市の洋菓子店パティスリーパンセ様】
@patisseriepance
@pancemaruo
住 所:府中市府中町506-1
定休日:月曜日