2世帯住宅の改築 |フローリング、トイレ、キッチンリフォーム|広島県府中市

使いやすさを重視した築35年の2世帯住宅リフォーム

2世帯住宅 2階リノベーション LDK 府中市

お客様のご要望

LDKを出来るだけ広くしたい。ヒノキの床材を使いたい。

リフォームのご提案について

築35年の2世帯住宅の2階部分を間取りから変更し、広いLDKをつくり、床はヒノキの無垢材を使用しました。また、全体をスッキリさせたいとの事でしたので、天上はシナベニヤを使い約5㎜の隙間をあけ、底目地貼りの方法をご提案いたしました。また、奥様が小柄ということで、キッチンをできるだけ使いやすくするためにカウンターの高さを調整し低めに付けてあります。キッチンの後ろに造作棚を置くことで、料理をする際に調味料を取ったり、お皿を取ったりする動作が楽になる導線を考えました。トイレは「落ち着きのある空間」にしたいとご希望だったので、板を黒く塗装し「和の空間」にいたしました。

和室を床一面ヒノキの無垢素材でフローリングに

築35年の2階部分は元々和室が3部屋がありましたが、間取りを変更しリノベーション。2世帯同居の2階のリフォームでLDKを出来るだけ広くとり、床は施主様要望のヒノキの無垢材にしました。
無垢フローリングは1枚1枚「呼吸」をしているため、板がひわったり、隣り合うフローリングとの間に隙間が空いたりすることが多くあります。そのため、壁にひわることのない幅木を打ってしまうと、幅木の下側の面とフローリングの表面との間にさまざまな隙間空間がうまれ、見た目が歪んで見えてしまいます。そこで壁に底目地(約5㎜の隙間)をとってフローリングのひわりが見た目に影響しないようにしております。

ヒノキのフローリング空間についてはこちらにも
「檜(ヒノキ)の香りでリラックス効果ある空間作り」https://www.msworks-reform.co.jp/works/cpress/

小柄な奥様のために工夫されたキッチン

小柄な奥様が快適に料理ができるよう、キッチンカウンターは低めに取り付けました。また、キッチンの後ろにオリジナルの造作棚を設置し、調理をしながら食器を取り出す作業も楽になるよう設計いたしました。

調味料や食料などの収納に便利なオリジナルパントリー棚

オリジナルのパントリーは場所を取らないよう、スライド形式のものにしました。
パントリーは料理中に必要な調味料などをすぐに取り出せて便利な上、普段は収納されているため見た目もスッキリするので、これからキッチンのリフォームを検討されている方に大変おすすめです。
調味料だけでなく、食料品のストックも一緒に収納できるのでとても重宝していると施工後に奥様からうれしいコメントをいただきました!

幅木のない壁でお洒落でスッキリした空間を演出

こちらは壁にご注目ください。
通常は壁に「幅木」というものを設置します。これは掃除をする際などに壁に直接掃除機などがあたらないような役割があるのですが、今回はその「幅木」を設置しておりません。
ご依頼主様から「幅木のないスッキリ感は格別」とのご要望でしたので、底目地貼りの方法で施工をいたしました。
また、テレビ台の内部にコンセントなど電源をすべて収めて、配線もすっきりするようにしております。

お子様の成長に合わせてお部屋をフレキシブルに使う

LDKの一角にパソコンや本を置けるスペースを設け、壁にオリジナルの造作棚を設置いたしました。
将来お子様が大きくなった時の勉強スペースにされる予定との事でしたが、キッチンから見える位置にあるので、お料理しながらお子様の宿題も見れそうですね!

トイレは和風空間に

トイレも和式から様式にリフォームしましたが、お部屋は全体的に洋風なため、トイレは「和の空間」にしております。杉板を黒く塗装し腰の高さまで張る事で落ち着いた雰囲気のトイレになったのではないでしょうか。

既存住宅の増改築、リフォームのご相談ならエムズワークスへ

築30年以上のお家のリフォームをさせて頂く事が多いですが、間取りの変更や和室をフローリングにするだけで雰囲気もガラリと変わります。
また、ひとつ造作棚を設置するだけでも生活しやすくなったり。そのことで生活が少し楽しくなったりしていただけると嬉しいです。

Before

リフォーム前は和室が3部屋・廊下・トイレがありました。


お客様の声

広いLDKとおしゃれな空間に満足しています。ありがとうございました!

地  域:府中市
建物種別:戸建て


エムズワークスより
ご依頼頂きありがとうございました。また気になる所がありましたら、いつでもご連絡お待ちしております!