洋室・階段・洗面リフォーム|経年劣化で古くなったところをリフォームで心機一転 | 広島県府中市

After

●お客様のご要望

・歩くと床がペコペコと沈むので直してほしい
・どうせなら壁と天井のクロスも張り換えたい
・洗面化粧台の前側の壁が水はねで汚れてきたので相談したい
・階段が古くなり傷んできたので綺麗にしたい
・使っていない収納部分は潰して壁にしたい

● リフォームのご提案内容

床板は全てを張り替えると施工費用と時間もかかるため、劣化して凹んでしまう部分だけの撤去と補強をし、既存のフローリングの上から新しいフローリングを上貼りすることをご提案しました。幅木はもともと交換する予定はなかったのですが、思った以上に傷んでいた部分があったので、こちらも傷んでいる部分のみ交換しました。交換した幅木も既存の幅木の高さに合わせて加工・塗装し、取り付けました。
※幅木とは壁と床の境目に出来る隙間を隠し、掃除機などで壁にぶつけても傷をつけないようにする部材の事です。

エムズワークスではリフォームの際に、着工してから気になる点をご依頼主様にお伝えし、場合によっては施工内容を変更させて頂きます。既存住宅のリフォームは、打ち合わせの段階で劣化の進行具合が分からない事も多く、実際に施工しながら劣化が進んでいる部分を見つけると、どのように工事を進めていくことがベストなのかを再検討し、既存と新規が馴染むようご提案させて頂いています。ご依頼主様に今後、リフォームしたお家でより豊かに暮らしていただくため、ご依頼主様の悩みの大小関わらず現場確認・聞き取り・ご提案を繰り返していくことで『暮らしやすい家』を具現化できると思っているからです。

床が経年劣化で傷んでしまい、「歩くと床がペコペコと沈む」とのご相談を受け、傷んだ部分だけを撤去し補強しました。また、既存のフローリングを下地とし、上から新しいフローリングを上貼りました。
新しいフローリングは触り心地や風合いが無垢素材に近く、水拭きも出来、さらに傷がつきにくいUV塗装もされている『ikuta』の『銘木フロアーラスティック』という商品をご提案させていただきました。
また、床をリフォームする際に大きな家具を別の部屋へ移動させる場所の確保が難しかったため、家具を部屋内で移動させながら床の施工を行いました。

リフォームの際に、使っていなかった収納家具も撤去して欲しい。とのことで、撤去のお手伝いをさせて頂き、その分お部屋も広くなりました。

また、壁はクロスの貼替のみさせて頂き、天井は既存解体後、新規ボードを貼り、クロス仕上げをしています。全て解体撤去してしまうより、既存を残して工事をすることで、全体の費用を抑えることが出来ます。

階段も経年劣化で痛みが進んでいましたが、既存の階段を解体し施工を行うと時間も費用もかかってしまうため、既存の階段を残したまま上貼りすることをご提案いたしました。

既存の階段に合わせて材料を加工し、一段一段上貼りしていくことで、既存の階段が美しく蘇りました。
リフォームというと大がかりなイメージを持たれる方も多いですが、エムズワークスでは既存を活かしながら部分的なリフォームも得意としております。

洗面台の周りの水汚れが気になっているとの事で、拭き掃除が簡単にできるよう、パネルを洗面台の周りの壁に貼らせて頂きました。

毎日使うドアノブがグラグラしてきているので、今回のリフォームと合わせて直しておきたいという事で、既存のドアノブの寸法を確認し、安価にすむようホームセンターで大工が選んできて取り換えをいたしました。

ご依頼主様が毎日、ちょっとしたストレスを感じられていたことを解消することが出来、嬉しく思っています。

名前:K様
場所:広島県府中市
対象面積:36㎡

Before