思い出の机をリニューアル|広島県福山市

こちらは、とある会社様の打ち合わせ用の机です。実は、弊社エムズワークス専務の道下もこの席に座って、初めてのお給料で車の相談をした一人です。

開業のお祝いで戴き23年間使ってこられ、この先も大事にしていきたいとお伺いし天板の張り替えをさせて頂きました。

●お客様のご要望

23年使いキズも増え、汚れも目立つようになったため、天板を綺麗にしたい
・机の脚は既存のままが希望のため、天板の色は脚の色に馴染むようにしてほしい


●リフォームのご提案内容

店内の雰囲気を見ながら、既存の脚に合う天板をご提案しリニューアルいたしました。

まず、表面の汚れや凹凸・キズを均等にするため、天板にやすりをかけ、シンナーでふき取り、油汚れなどを除去します。

シートと机がくっつきやすくするためにプライマーを塗ります。

プライマーとはカッティング用シート(粘着剤付き化粧シート)を下地にしっかりと定着させるための液剤です。カッティング用シートの裏面にはあらかじめ粘着剤が付いていますが、貼り付ける下地や形状、施工する環境によっては十分に定着しないことがあります。その可能性がある場合にプライマーを使用します。プライマーと粘着剤が接着することで、カッティング用シートがしっかりと下地に定着します。施工後の剥がれや浮きを防止するために、プライマー処理をしておきます。

シートを机に置き、シートを少しずつ剥がしながら天板に貼ります。余分なシートは邪魔になるのである程度切っておきます。ドライヤーでシートを温めるとシートが伸び、Rの部分もキレイに貼ることが出来ます。一見DIYでも出来そうに見えますが、空気が入ってしまったり、シートが捻じれてしまったりするため、とても技術のいる作業です。

完成です。23年間使われてきた机が綺麗に蘇りました。

今まで、たくさんのお客様の商談を見守ってきた机ですが、これからも沢山の方との出会いが待っていそうですね。


名前:企業様
場所:広島県福山市