生活動線を考えたキッチン・収納リフォーム|広島県府中市

●お客様のご要望

・キッチンを広く使いたい
・たくさん収納したい
・書斎部屋がほしい
・2階にリビングがほしい
・洗面室が使いにくいので、位置変更をしたい


●リフォームのご提案内容

家事動線を考えてキッチンとフロアカウンター、パントリーなど使い勝手を考えてどこに設置するのが最適かをご提案いたしました。
ご依頼頂いた当初は図面で配置を考えますが、実際にショールームにキッチンやフロアーカウンター、洗面台などを一緒に見に行きサイズなどを確認してから再度収まりが良くなるように図面を修正してご依頼主様にご提案させていたく事が多いです。また、新たに天井付けテレビを設置させて頂いたのですが、ビデオデッキを置く場所も生活していて邪魔にならないように配線も含めて最適になるようにご提案させていただきました。

ご依頼いただいた当初はキッチンの位置変更の予定はなく、入れ替えのご依頼だけだったのですが、ご依頼主様と弊社の大工とインテリアコーディネーターが一緒にショールームに同行しました。どちらの商品が予算を含めどんなものが好みかを判断するために今回は2社のメーカーを一緒に見て回り、追加で設置するフロアーカウンターの場所の確保のために新しく腰壁を造る事で、フロアーカウンターを設置するとともに、キッチンでの作業のしやすさやも考えて間取りのご提案をいたしました。
今までキッチン後ろの通路が狭かったのですが、間取りを変更しキッチン、冷蔵庫、収納などの位置変更を変更する事で広々使えるようになったと喜んで頂く事ができました。

キッチンの隣には食品庫として使えるパントリーを新たに設置し、そこにコードレス掃除機が収納できるようにカウンターをコードレス掃除機のサイズに併せて造作させていただきました。
買い物から帰った際に、荷物を直ぐに収納できるように玄関に一番近い場所にパントリーを設置し、その横にキッチン、冷蔵庫と続くように全体の家事動線を何度もお打合せをしてご依頼主様が暮らしやすい位置をご提案いたしました。

こちらはご依頼主様の寝室になっており、扉の向こう側が広めのウォークインクローゼットになっています。収納スペースが沢山欲しいとのご要望がありましたので棚などを造作して洋服以外の物も沢山収納できるように施工させていただきました。
また、寝室の天井からテレビを吊り下げて設置しビデオデッキも邪魔にならないように寝室とウォークインクローゼットの間の壁に開口を設けてそこに収納する事でスッキリとさせる事ができました。
またテレビ周りなどは配線が多くなってしまいがちで、掃除の邪魔になったりする場合が多いためコンセントをウォークインクローゼット側に設けて配線も寝室側から見えないように綺麗に収める事ができました。

1階と2階のトイレの壁と天井のクロスを張り替え、新しいトイレを設置。壁にニッチという壁の凹みを造り飾り棚として使えるようになっております。

ショールーム見学で造作家具のような木目調のドレーナという洗面化粧台を選ばれたので、同じ場所に設置する洗濯機と合わせて使い勝手のよい動線になるよう位置変更を行いました。

2階にリビングルームを新しく造るにあたり、元々あった6畳の2部屋とクローゼットを撤去してリビングを広く取り、その奥に収納を2畳の書斎を新しく施工しました。
クローゼットの撤去後に床を既存のものと合わせるため、サンプルを塗装屋さんに持参し、色合いや質感が同じようになるよう仕上げて貰いました。

2階リビングルームの奥に、ご主人様専用の2畳の書斎を設置。当初1.5畳の予定だったのですが、動きにくいとストレスになるのではないかと思い、2畳分のスペースを確保できるように図面を修正してご提案させていただきました。


名前:K様
場所:広島県府中市
対象面積:54.7㎡

Before