薪を切る台オリジナル造作、薪ストーブの設置|リフォーム|広島県府中市エムズワークス

以前にご自宅のリフォーム(リノベーション)をさせて頂いたご依頼主さまのご自宅に薪ストーブを設置させていただきましたが、追加のご依頼で薪ストーブの燃料となる「薪を切る台」の造作をさせていただきました。

薪

お客様の経営されている会社には全てに薪ストーブが設置されてあり、一度見学に行かせていただいたのですが、個人的な感想は「他の暖房器具に比べて、身体の芯からじんわりポカポカと暖かい」と思いました。

弊社エムズワークスの社内もスタッフの自宅も冬はエアコンか石油ファンヒーターを使っているので、薪ストーブの暖かさを体感したのは初めてでした。

お客様は経営されている会社とご自宅の薪ストーブの燃料の「薪」をなんと自社で山に入って木を切るところからされています。

その切った木を均等な長さにチェーンソーで切っていくための作業台が欲しいとのご依頼をいただきましたので、弊社の大工がオリジナル作業台を造らせて頂いたのです。

薪を割る大

この巻き割り用の台は釘を使わず木材だけで組み上げていきます。
この組み上げていく際に、木材の加工した部分がピッタリと合った時が代表の至福の時だそうです。弊社の代表道下の笑顔がそれを物語っていますね(笑)

薪割り台、社長の笑顔

因みにこちらはご依頼主さまのご自宅の薪ストーブです。

薪ストーブ

インテリアとしても素敵ですよね。

薪ストーブと言えば気になる「煙突」ですが、家の壁の横に設置するパターンと屋根に設置するパターンがあります。これは薪ストーブの設置してくれる専門の業者さんに聞いた話なのですが、煙突は屋根に設置する方が上昇気流が発生しやすくなり燃料の薪が燃えやすくなるとの事でした。

冬になるとどの暖房器具がいいのか毎年悩む方も多いかと思いますが、薪ストーブは他の暖房器具に比べて乾燥しにくく消した後もしばらく暖かさが続くと仰る方も多く、リフォームで薪ストーブの設置をさせていただく機会も増えてきました。見た目のお洒落さもいいですが、木炭が燃えるあの「火のゆらぎ」の癒し効果が最高!という声も多く聞きます。

また、エムズワークではご自宅や会社などのリフォームの後に、今回のようにオリジナル造作のご依頼や実際に使ってみたらもっとこうしたいと言ったご要望もいつでも受け付けておりますので、アフターフォローのご相談もお気軽にお問い合わせください。